合併症妊娠について

病気を持った女性が妊娠をしたり、妊娠中に病気を発症する合併症妊娠が増えてきているそうです。妊娠すると母体に負担がかかり、合併症があることにより母体と胎児ともに重大な結果をおこすことがあります。合併症妊娠について専門医とよく相談をして、連携して管理していく必要があります。


子宮筋腫

子宮筋腫のできた場所や大きさ、数によって、不妊や流産になることがあります。妊娠中に問題となるのは壁内筋腫で、大きく数が多いほど障害の割合が高くなります。
妊娠前に子宮筋腫が見つかり、それが不妊、流産、早産、分娩障害の原因となるような場合は筋腫核出術を行い、壁内筋腫の場合は帝王切開を行う必要があります。
妊娠中に筋腫が見つかった場合は、最近では筋腫核出術を行わないで、そのまま経過をみるのが普通です。
分娩が自然分娩か帝王切開になるかは、筋腫のできている場所や大きさによります。


子宮奇形

不妊や流産、早産の原因を探ったときに診断されたり、妊娠中の診察や超音波検査によって診断されることが多いです。また帝王切開の際や分娩後に見つかることもあります。
妊娠前に奇形子宮が診断され、不妊、流産、早産の既往症がある場合は、子宮形成術を行います。
妊娠中に子宮奇形が見つかったら、流産、早産に注意し、分娩は吸引分娩、帝王切開になる場合が多いです。


卵巣腫瘍

卵巣腫瘍の多くがのう腫で、ほとんどが良性の場合が多いですが、みつかったら取るのが基本になります。
卵巣は左右に一つずつあり、片方を取り除いてももう一つが正常なら妊娠することも可能です。
茎捻転といって、卵巣のう腫が急にねじれて激しい腹痛をおこすことがあります。妊娠初期にのう腫が小さいときは経過をみますが、中期にはいっても消えない場合は、手術をする必要があります。


妊娠高血圧症候群(妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))

妊娠すると高血圧になりやすいのは、心臓から送り出す血液の量が多くなるからです。普段から高血圧の人が妊娠すると、ますます血圧が高くなり妊娠高血圧症候群(妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))になりがちです。
妊娠高血圧症候群(妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))が重くならないように、食生活に十分注意する必要があります。精神的な面でのストレスや睡眠不足、過労なども血圧を上げる原因になるので、十分な休養や睡眠をとり、リラックスして生活していきましょう。


心疾患

妊娠末期になると血液量が増加したり、子宮が大きくなって横隔膜が押し上げられるため、心臓の負担が増えてきます。そのため、息切れや動悸などの症状が出やすくなります。
血液が胎児に必要な量が流れないと、発育が遅れたり早産になったりすることがあります。
心疾患がある人が妊娠をして分娩をするのは、大きな負担になるので、慎重に専門医に相談をしてから、妊娠の計画をたてるようにしましょう。


糖尿病

すでに糖尿病の人が妊娠した場合、流産や早産、死産、巨大児や先天異常児が生まれる場合などがあります。
これを回避するために、妊娠前からインスリン療法や食事療法を行い、専門医の指導に従っていくことです。
妊娠中に一時的に糖尿病の症状が出る場合は、妊娠糖尿病といいます。通常は出産後に健康な状態に戻りますが、出産後も糖尿病が治らない場合もあります。
妊娠糖尿病は基本的に食事療法を行い、改善しない場合はインスリン療法も行うときもあります。


腎疾患(慢性腎炎など)

腎臓の主な働きは、尿を作るために体内の老廃物を集め、排泄することです。
妊娠すると胎盤からステロイド系のホルモンが分泌されるのに反して、体内の水分も蓄積されていきます。そして血液の量が増えて血圧が上がり、腎臓に負担がかかってきます。
妊娠末期には高血圧やむくみ、倦怠感など腎臓の機能低下により、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)をおこしやすくなってきます。出産はできても母親の寿命が短くなったり、胎児の栄養状態が悪くなり発育が遅れたりします。
慢性腎炎の人は、専門医の指導により出産計画を立てていくことが必要です。


気管支喘息

喘息の発作が頻繁に長く起こると、母体の負担が大きくなると同時に、低酸素状態により胎児の発育不良や妊娠高血圧症などが発生しやすくなります。
妊娠後でも予防薬を服用し、発作が出たらためらわずに服用しましょう。喘息に使われる薬剤は、ほとんどが妊娠中でも安全に服用できますが、主治医に相談したほうがいいでしょう。


Designed by CSS.Design Sample