無痛分娩

麻酔を使って痛みをとりのぞいたり、やわらげたりする出産法です。
無痛分娩のメリットは、痛みに弱い人や緊張しやすい人などには効果的なことです。陣痛や緊張、不安などからリラックスできない場合でも、麻酔剤により落ち着いて出産できるようになります。
また、痛みからくる血圧の上昇を防いでくれるので、妊娠高血圧症候群の人には適しています。

硬膜外麻酔分娩
脊髄をおおう硬膜の外側の硬膜外腔にカテーテルを挿入して、麻酔薬を注入します。その薬によって子宮や膣、外陰部などからの痛みをとり、出産の痛みをやわらげます。
カテーテル挿入時に、下肢に一過性の電撃のような異常感覚を感じることがあります。
下肢にしびれや麻痺の感覚がある場合があります。
尿が膀胱にたまっても感じなかったり、尿を出せなかったりすることがある場合は、細い管を入れて尿を出します。
かゆみがおこったり、熱っぽくなるときもあります。

自然分娩

陣痛が自然に来るのを待って、麻酔や吸引などの器具に頼らずに、自然にお産をするのが自然分娩です。
必要に応じて、会陰切開や陣痛促進剤などの処置もあります。また、胎児がなかなか降りてこない場合などには、吸引分娩に切り替えたりすることもあります。

帝王切開

母体の状態や胎児の発育状態などにより、自然分娩が危険になる場合に帝王切開になるケースがあります。
帝王切開での母体は出産時は痛みはなくても、産後の傷の痛みがあり、回復にも時間がかかります。また入院期間も自然分娩より1週間程長くなります。
帝王切開は出産前から予定する場合と、出産時に緊急になる場合があります。

■帝王切開を予定する場合
[逆子]
胎児の頭は通常は子宮の中で下を向いているが、上を向いているために産道を通るときにへその緒が首にからまったり、酸素が途切れたりする危険がある。
[前置胎盤]
胎盤が子宮の入り口をおおっているため、大出血をおこす恐れがある。
[児童骨盤不均等]
母親の骨盤より胎児の頭が大きすぎて、産道を通過するのが難しい場合。
[多胎妊娠]
双子や三つ子の場合は、体力的にも負担が軽く手術時間が短い帝王切開を選ぶ。

■緊急に帝王切開になる場合
[常位胎盤早期剥離]
胎盤が胎児が出る前にはがれてしまい、子宮の中で大出血をおこすため、緊急に帝王切開になります。
[胎児機能不全]
分娩中に胎児の状態に問題があるか、いずれ問題が生じるかもしれないと判断された場合。
子宮口が全開して胎児がおりてきているときは、吸引分娩か鉗子分娩を行い、そうでないときは緊急帝王切開になります。
[臍帯下垂・臍帯脱出]
分娩の途中でへその緒が膣内へ脱出し、胎児に酸素が届かなくなり、生命力が低下した場合。
[分娩停止・遷延分娩]
分娩停止は陣痛が十分にきていても、分娩が進行しない場合で、吸引分娩や鉗子分娩もできない場合は、緊急帝王切開を選びます。
遷延分娩は初初産で30時間以上かかる場合で、母体の疲労のほか、胎児の機能不全になる可能性も高くなるため。

Designed by CSS.Design Sample