会陰切開について

会陰部は膣口と肛門の間の部分です。
会陰は伸びにくいため、赤ちゃんの頭が出る時に2〜3cmの裂傷がおきやすくなります。赤ちゃんをできるだけ早く出してあげる必要もあり、あらかじめ会陰切開をしておくことが多いです。
会陰切開は自然裂傷よりきれいに縫合でき、なおりやすいようです。初産の人は会陰の伸びが悪く、会陰切開をする場合が多いです。

会陰切開後は多少の痛みがあります。切開した当日は痛くて座れなかったり、トイレに行くのがつらかったりと苦労もあります。2〜3日すると痛みがやわらいでくる場合が多いです。

会陰切開は医療行為なので、助産院では行いません。

Designed by CSS.Design Sample