常位胎盤早期剥離の特徴

常位胎盤早期剥離とは、胎盤が胎児が生まれる前に子宮壁から剥離(はがれること)することをいいます。
胎盤の剥離は、母体、胎児とも危険な状態です。

常位胎盤早期剥離の原因

はっきりとした原因はわかっていませんが、次のようなことがあると注意が必要です。
 ・妊娠高血圧症候群
 ・胎児奇形、子宮内胎児発育遅延
 ・前期破水、感染
 ・腹部強打、外傷
 ・喫煙

常位胎盤早期剥離の症状

妊娠後期に突然腹痛が起こり、子宮が板のように固くなり、押すと激しい痛みがあります。そして顔面蒼白になりショック症状が現れてきます。
子宮とはがれた胎盤には大出血が起こりますが、外にはそれほど多くは出てきません。
母体は大量出血のため危険におちいりやすく、胎児も死亡することが多くなります。

常位胎盤早期剥離の診断

子宮破裂、前置胎盤との鑑別が大切です。
疑わしい時は、超音波断層法と胎児心拍モニターを行います。
超音波断層法では、剥離後早期での判断は困難です。時間が経過するにつれ血腫部分が明らかになってきます。

常位胎盤早期剥離の治療

常位胎盤早期剥離と診断されたら、胎児の生存が確認できた場合は鉗子分娩や吸引分娩で取り出しますが、分娩直前でなければ帝王切開を行います。
胎児が死亡した場合でも、母体救命の目的で帝王切開することが多いです。

Designed by CSS.Design Sample