妊婦健康診査とは

妊娠中を心身ともに健康で安全に過ごし、無事に出産を迎えることができるように、妊婦健診を受けましょう。
妊婦健診は一般的には妊娠初期から23週までは4週間に1回、24〜35週までは2週間に1回、36週以降は1週間に1回になります。


妊婦健康診査の目的

 ・妊娠の経過が正常かどうかの確認
 ・妊娠合併症の確認と予防
 ・ハイリスク妊娠の早期発見
 ・胎児の異常の診断
 ・分娩方法
 ・保健指導


妊婦健康診査の内容

毎回行われる検査
[尿検査]
初診時の尿検査では妊娠の判定をします。
定期健診での尿検査は、尿中のたんぱくと糖を調べて、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や糖尿病の徴候があるかどうかを検査します。

[体重測定]
妊婦の体重は臨月が近くなるにつれ、増加していきます。急激に体重が増えたりした場合、むくみの徴候であることが多く、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)なをチェックすることが必要です。

[血圧測定]
血圧は妊娠をすると自然と上がります。高血圧の目安は、最高140mm/Hg、最低90mm/Hgです。高血圧になると妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の疑いや赤ちゃんへの影響もでてきます。血液検査は毎回測定して、塩分制限などの管理をしていくことが大事です。

[子宮低長・腹囲測定]
メジャーでお腹まわりを測定し、子宮が妊娠週数に応じた発育をしているかどうかを調べます。

必要に応じて妊娠初期に行う検査
・血液検査
 血液型(ABO血液型・Rh血液型 ・不規則抗体)
 貧血の検査
 血糖値
 B 型肝炎ウイルス抗原検査
 C 型肝炎ウイルス抗体検査
 風しんウイルス抗体検査
 HIV抗体検査
 梅毒血清反応
・子宮頸がん検診
・超音波検査

必要に応じて妊娠中期以降に行う検査
 HTLV-1 抗体検査
 性器クラミジア検査
 B群溶血性連鎖球菌検査
 心電図・肝機能検査
 胎盤機能検査
 超音波検査



Designed by CSS.Design Sample