産婦人科・産院を選ぶ基準

病院までの距離と通院の便
病院までの距離が遠いと、定期健診に通うのも大変ですし、何かのトラブルがあったときにもすぐに行けない状態になります。
なるべく交通の便がよく、1時間以内で行ける病院を選びたいものです。

病院の情報を確認する
自分が希望する条件について、直接産婦人科・産院に電話で問い合わせてみます。
この時、電話の応対などもチェックしてみます。

情報を確認する
 自然分娩、無痛分娩、立会い分娩など
 個室か相部屋
 母子同室か別室
 母乳指導があるかどうか
 設備は充実しているか
 ビデオ撮影は可能かどうか 

口コミを調べる
近所や出産を体験した人などから病院の評判を聞いたり、インターネットで口コミを検索するのもいいでしょう。


産婦人科・産院の種類と長所・短所

総合病院
■長所
医療設備やスタッフが揃っていて、小児科や内科、外科なども併設されており医療システムが充実しています。妊娠中の異常早期発見や治療が可能で、緊急の場合もすぐに対応してもらえます。
■短所
混雑するため診察の待ち時間が長くなりがちで、診察にかける時間も短いことがあります。
また担当医が変わることもあり、手続きなどが事務的になるようです。

個人病院
■長所
アットホームな雰囲気で、医師や看護婦とのコミュニケーションが親密にはかることができ、分娩時もリラックスしてのぞむことができます。
■短所
合併症があるときやトラブルがあるときに、対応が不十分の場合があります。ですが、緊急時には総合病院との提携により対処できるので、心配することはないようです。

産院
助産院は、助産師さんが営む出産施設で、正常分娩のみ扱います。
■長所
助産師さんに妊娠、出産、産後までみてもらえるので心強いし、家庭的で自然なお産ができます。
■短所
投薬や帝王切開などはできないので、いざというときは医師のいる総合病院などに移動しなければなりません。 


里帰りで出産する場合

病院と医師が変わるため、早めに(妊娠5〜6ヶ月目位)帰省先の病院を決めて、手続きや診察をしてもらうのがいいでしょう。
詳しくは里帰り出産のページへ

Designed by CSS.Design Sample