安産祈願のお参り

安産祈願のお参りは、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、腹帯を巻いて行く習わしがあります。これを「帯祝い」といいます。
「戌の日」とは日に配当された十二支の「戌」にあたる日です。十二支の一つなので12日に一回、つまり1月に三回程度巡って来ることになります。

戌の日がいいのは、犬はお産が軽く、たくさんの子どもを産むので、古来から安産の守り神として伝わってきたからです。
妊娠5ヶ月目がいいのは、安定期に入ってつわりもおさまり、胎動もわかる時期だからです。

腹帯は大きくなったおなかを固定して楽にし、おなかを冷やさないようしたり、赤ちゃんへの衝撃をやわらげたりする効果があるようです。

[お参りの受付はいつでもOK]
安産祈願の受付は戌の日に限らず、いつでも受け付けているところがほとんどです。小規模の神社などは予約が必要なところもあるので、電話で確認しましょう。
戌の日は人手が多く、待ち時間がかかることもあるようです。特に週末の大安で戌の日が重なった日は、大混雑します。
安産のお参りは、戌の日に限らずいつ行ってもいいので、安定期に入った体調の良い日に行ってみましょう。

Designed by CSS.Design Sample