早産の特徴

早産は妊娠22週 〜 37週未満の出産をいいます。
そして早産の危険性が高いと考えられる状態を「切迫早産」といいます。


早産になりやすい原因

早産になりやすい原因は色々ありますが、流産と違って赤ちゃんが育つ可能性は高くなります。

・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
・多胎妊娠
・子宮頸管無力症
・羊水過多症
・糖尿病、腎臓病、心臓病などの合併症
・早産を経験したことがある
・細菌、ウイルスの感染症
・腹部への強い刺激や過度のスポーツ
・過労やストレス
 

早産の症状

出産予定日までにはまだ間があるのに、下腹部痛、出血、破水などの症状がみられたら、早産が疑われます。
下腹部が張って固くなり、子宮収縮が陣痛のように周期的に繰り返す場合や、少量の出血などは早産の可能性があります。
特に破水した場合は、数日のうちに出産につながることが多いです。

早産の徴候が見られたら、食い止められるようにすぐに処置を受けることが大切です。

早産の予防・対策

早産で未熟児で生まれても、保育の進歩で十分育てられますが、早産の時期が早いほど困難になります。
早産になりやすい原因の合併症がある場合は、安静にして注意をする必要があります。

日常的な生活の中では次のようなことに注意しましょう。
・下腹部に力が入らないようにする
・長時間立ったまま、しゃがんだままの姿勢はやめる
・激しいスポーツは避ける
・下痢や便秘に注意する
・疲労、ストレスをためない
・からだが冷えないように注意する

Designed by CSS.Design Sample