妊娠月別のママと胎児の様子

妊娠1ヶ月(0〜3週)
妊娠には気づかない時期ですが、基礎体温は高温の状態が続いています。
受精卵は分化して胎芽となり、人間らしい特徴はまだ何もないですが、のちに胎盤へとかわっていきます。

妊娠2ヶ月(4〜7週)
つわりが始まってきたり、乳白色のおりものが増えたりと、妊娠の兆候があらわれてきます。
まだ胎芽ですが、二頭身の姿になってきて、頭と胴の区別がついてきます。

妊娠3ヶ月(8〜11週)
この時期はつわりが一番苦しいときです。
胎児となって、身長約9cmの三頭身になり、人間らしくなってきます。

妊娠4ヶ月(12〜15週)
からだが妊娠の調子に慣れてきて、調子が戻りつわりも軽くなり、食欲も回復してきます。
胎児はしっかりと形が整ってきて、内臓がほとんど完成してきます。

妊娠5ヶ月(16〜19週)
おなかのふくらみもはっきりとしてきて、つわりもなくなり気分の良い時期です。
胎児は髪の毛やつめが生えてきて、手足を思いっきり動かしています。

妊娠6ヶ月(20〜23週)
胎動がはっきりと感じられるようになってきて、下腹部のふくらみも目立ってきます。
羊水の量が急激に増え、胎児は羊水の中を自由に動き回っています。

妊娠7ヶ月(24〜27週)
おなかが急に大きくなり、妊娠線が出たり、大きなおなかのために動作をするのに重苦しい感じがします。
胎児は脳の発育が進み、体の機能や動きをコントロールするようになってきます。

妊娠8ヶ月(28〜31週)
大きなおなかになって体重も増え、歩きにくくなってきます。妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にも注意です。
この週になると胎児の体重も1000gを超えるので、早産で生まれても無事に育つ可能性が高くなります。

妊娠9ヶ月(32〜35週)
子宮が大きくなり、下腹部やももの付け根に圧迫感や重みを感じるようになります。
早産になったとしても、保育器の中で十分育つことができます。

妊娠10ヶ月(36〜39週)
胎児が産道を通りやすいように、おりものが増え、膣などもやわらかくなってきています。
おっぱいが飲める状態になり、外の生活に十分順応できます。

Designed by CSS.Design Sample