妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))の特徴

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))は妊娠後期に出てきやすく、それまでに何の症状もなかった人でもかかることがあります。
原因はまだはっきりしていませんが、ママの身体が妊娠の様々な変化に適応しきれずに起こってしまうとも言われています
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)は、2005年に日本産科婦人科学会により「妊娠高血圧症候群」と名称が変わり、「妊娠20週以降から出産後12週まで高血圧、または高血圧にたんぱく尿をともなう場合」と定義づけられています。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))の症状

三大症状といわれる「高血圧」「むくみ」「たんぱく尿」です。
[高血圧]
 最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHgを超えたら高血圧とされます。
 高血圧でも自覚症状はない場合が多く、ひどい時は頭痛やめまい、耳鳴りなどがでてきます。

[むくみ]
血液中の水分が細胞の組織の中で多くなってしまいます。
顔やまぶたがはれぼったくなったり、足を押すとへこんだまますぐに戻らない、指輪がはずせないなどの症状がでます。
体重が1週間で500g以上増えた場合も注意が必要です。

[たんぱく尿]
定期健診で行われる尿検査でわかります。
腎臓の機能が低下し、血液の中にたんぱく質がながれでて尿と一緒に排泄されます。重症になると母体は低栄養状態になり、胎児の発育に影響を及ぼします。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))にかかりやすい人

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))にかかりやすいのは、次のようなことが原因となります。
・慢性腎炎、糖尿病などの持病がある
・もともと血圧が高い
・高齢出産
・太り過ぎの人
・多胎妊娠
・過労、貧血
・栄養が偏っている

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症))の予防・対策

日頃の規則正しい生活とバランスのとれた食事に注意をするのが大切です。塩分を控えると同時に、栄養バランスのよい食事にするように心がけましょう。過労はせず、休養と睡眠をしっかりととって、からだを休ませましょう。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)と診断されたら、医師の指示に従い、食事療法や安静を心がけていきましょう。

Designed by CSS.Design Sample